『高瀬川沿い』をすずろ歩いて、歴史に想いを馳せる

高瀬川は、江戸時代に角倉了以と素安父子によって造られた、京都の中心部と伏見を結ぶ運河だよ。
当時は、便利なこの川沿いにいくつもの藩邸が建っていたそう。土佐藩、彦根藩、加賀藩などの碑が立っているよ。
維新の志士たちの歴史に想いを馳せてみるのもいいね。

今は、お洒落なカフェやレストラン、バーが軒を連ねていて、昼間よりも夜の方が賑やか。

川面の揺らぐ光に思わずうっとりしてしまうね!
桜の名所で、水面に映る満開の桜、水面に漂う花いかだを楽しめるよ。

森鴎外の「高瀬舟」の舞台でもある高瀬川。
夕食前後に 京都の情緒あふれる通りをすずろ歩きしてみてはいかが。

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換