『北白川天神宮』の ひっそりとした森の境内で、ゆったりと心澄み渡る

北白川は、花崗岩を浸食して流れる清流白川の扇状地。
白川にかかる石橋の両側の枝垂桜が素敵で、隠れた桜の名所だよ。
春の頃は、その桜に包まれた狛犬が北白川の天神宮を護っているよ。

石橋(萬世橋)を渡り、石の鳥居をくぐると、緑の中に石段が曲線を描いて続いている。
133段の石段を登っていくと、その分心が澄み渡っていくようだね。

ひっそりとした境内には、少彦名命(国造りの協力神、石の神)が祀られているよ。
縄文時代には集落があったところであり、平安時代には人々が詩歌に興じたところでもあるよ。

また白川石と花の里でもある北白川天神宮。
銀閣寺から歩いて10分ほど、特に桜の時期と紅葉の時期はおすすめだよ。

 

住所

〒606-8283 京都府京都市左京区北白川仕伏町

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

コメント

5段階で評価してください

0/400

写真・動画を投稿

写真・動画を投稿(任意)

コンピューター上の写真・動画を選択

もしくは

ドラッグ アンド ドロップで
アップロード

写真投稿に関する注意点

小さい子供に見られても大丈夫な内容であること
著作権のないオリジナルであること
商用利用ではないこと
コンピュータウイルスを含んでいないこと
.gif, .jpg, .png 形式
一度にアップロードできる写真は最高5枚です

写真・動画を投稿